【キャンセルしても無理やり貸し付ける押し貸し】闇金は完済した後も縁を切れない?

【キャンセルしても無理やり貸し付ける押し貸し】闇金は完済した後も縁を切れない?

軽い気持ちで闇金に手を出して少額だけを借りたとしても、法定利息を無視した高額な利子によりいつまでも返済を迫られてしまいます。

 

仮に必死になって完済したとしても縁を切れない場合があり、業者側から勝手にお金が振り込まれるトラブルが多いのです。

 

業界ではこれを押し貸しと言いますが、いつまでも借金地獄から抜け出せず一方的に苦しむことになるため注意しましょう。

 

ちなみに、借りたものを返すのは当然のことですが、闇金から借金をしても法的には返済義務はありません。

押し貸しとは?

押し貸しとは完済後に業者側が勝手に貸し付けを行うことで、拒否をしても一方的に振り込まれてしまうのです。

 

頼んでもいないのに不要なものを押し付けられるだけであり、迷惑以外の何者でもありません。

 

もし押し貸しが行われた場合、業者側にクレームを伝えても相手にしてもらえません。

 

借金の額が増えたことと変わりないため、さらなるトラブルの原因となります。

 

闇金業者が行う押し貸しにはいくつかのパターンがあり、完済直後に勝手に振り込む場合が多いようです。

 

完済をした債権者は苦しみから解放された気分となりますが、一気に地獄の底へと逆戻りしてしまいます。

 

精神的なダメージも大きく、再び法外な利息に苦しみ続けなければなりません。

借りるのをキャンセルしても勝手に振り込んでくる

契約をキャンセルしても勝手に振り込まれるパターンもあり、借りる前の段階で自宅や勤務先に連絡を入れる悪質な業者も存在します。

 

借りてもいないものを返す必要などありませんが、嫌がらせがいつまでも続けば心身ともに疲弊してしまいます。

 

より悪質な業者は債権者の周囲の人間をターゲットとするため、闇金から借金をすることにメリットは一つもありません。

 

ちなみに業者が何故一方的にお金を振り込むことができるというと、契約時に債権者の口座について情報を把握するためです。

 

つまり闇金業者に教えてしまった自分の口座が悪用される危険性があり、凍結されてしまう場合もあります。

 

新規で口座を開設することもできなくなってしまい、自動的に解除されるものではありません。

押し貸しにあったら弁護士か司法書士に相談

では押し貸しの被害に遭った場合についてですが、当然ながら振り込まれたお金は一切使ってはいけません。

 

そもそも闇金業者から借りたお金は返す必要がありませんが、勝手に振り込まれたものを拒むのであれば使わないことは常識でしょう。

 

次に被害に遭った場合に相談すべき相手ですが、警察よりも闇金に強い弁護士か司法書士をおすすめします。

 

もちろん警察に相談することも悪くはありませんが、暴力行為がなくなるだけでは根本的な解決にはなりません。

 

闇金トラブルの相談を受け付けている弁護士か司法書士であれば、相談すれば後はすべてのことを任せられます。

 

 

業者に対して強い姿勢で交渉を行い、押し貸しやその他の嫌がらせ行為をやめるよう求めてくれるのです。

 

また口座が凍結してしまった場合も警察を頼るのではなく、弁護士か司法書士を頼ってください。

 

凍結解除には時間がかかり、警察は被害者が業者とつるんでいるのではと疑います。

 

つまり疑いを晴らさなければ凍結を解除できず、現状として弁護士か司法書士でなければ解決できない案件です。

 

利用してしまった闇金業者から一方的な押し貸しが行われた場合、すぐに弁護士か司法書士に相談して対応してもらいましょう。

 

振り込まれたお金は返済する必要はありませんが、使わないよう注意して下さい。