闇金の相談無料の弁護士・司法書士はこちら。

闇金の相談は弁護士か司法書士がベスト

経済的な理由から銀行から借金をする人や多いですが、間違っても闇金に手を出してはいけません。

 

闇金は債権者に対して執拗な取立てや嫌がらせを行い、警察に相談しても十分な対応をしてもらえずたらい回しにされることが多いです。

 

警察に相談しても証拠がなければ対応してもらえず、実際にいい加減な対応のために大きなトラブルに発展した報告例は少なくありません。

 

人生を台無しにしないためにも利用は絶対に避けるべきですが、もしトラブルに巻き込まれたら直ちに弁護士か司法書士に相談しましょう。

闇金業者とは?

まず闇金とはどのようなものかについてですが、簡単に言えば法令に違反して悪質な取立てなどをする業者のことです。

 

日本には出資法と貸金業法という法律があり、合法な金融業者は定めに従って運営されています。

 

しかし闇金と呼ばれる業者は適切な登録を行っておらず、法外な金利で社会的に弱い人物を追い詰めているのです。

 

よくドラマや漫画で闇金業者が取立てを行うシーンがありますが、実際に執拗な取立てが行われます。

 

毎日のように催促の電話やメールが届き、さらに悪質な場合は自宅まで訪れることも珍しくありません。

 

債権者は経済的だけではなく精神的にも追い詰められ、家族や友人に迷惑をかけたくないと誰にも相談せず孤独となってしまいます。

家族や職場に督促がくることもある

有名な金融業者を利用した場合、支払いが遅れてしまっても違法な取立て行為は行われません。

 

もちろん月々の支払いは忘れずに計画的に行うべきですが、女性オペレーターから案内がある程度でしょう。

 

優良な業者であれば対応も丁寧であり、きちんとその後の支払いに応じていれば大きなトラブルになることはないはずです。

 

しかし闇金を利用した場合はそのようなことはなく、債権者は一方的に追い詰められてしまいます。

 

自分だけが被害に遭うだけならまだしも、脅威が家族にまで及ぶケースもあるのです。

 

契約時に携帯電話の番号を利用しますが、そこから家族の情報を割り出して不当な催促を行うのです。

 

軽い気持ちで利用して周囲まで巻き込んでしまえば人間関係の破綻にも発展するため、大切な人のためにも絶対に利用してはいけません。

闇金から借りる年齢層

合法的に運営されている金融業者の場合、必ず返済能力があるかどうか審査が行われます。

 

闇金は審査がなくすぐにお金を借りることができるため、誘惑に負けて軽い気持ちで借りてしまう人が存在します。

 

社会的に弱い立場の人が被害者となるケースが多く、特にフリーターや若い女性が法律事務所などに相談することが多いです。

 

また最近では働く世代と呼ばれる中高年の被害も報告されており、金銭的に困っていることを理由に手を出してしまう人が少なからず存在します。

 

自分で会社やお店などを経営する自営業者は注意が必要ですが、旦那に内緒で買い物や交際をしたい主婦が利用してしまうようです。

 

もちろん社会人であれば闇金は悪でしかないと理解できるはずですが、何かしらの理由で精神的な余裕がないときにトラブルが起こりやすいと言えます。

 

金銭的な悩みがあるのであれば信頼できる人間に相談し、借金をする場合も合法な業者のみを利用してください。

闇金の督促や取り立てを止めるには弁護士か司法書士

何があっても闇金を利用しないことが一番重要ですが、もしトラブルとなった場合はすぐに法律事務所か法務事務所に相談してください。

 

弁護士や司法書士であれば悪質な取立てや嫌がらせ行為をやめるよう交渉してくれるため、いざというときは頼りましょう。

 

人生を大きく悪化させてしまうため、何があっても闇金にだけは手を出してはいけません。

 

金利が法外に高く設定されており、闇金を利用してすぐにお金が借りれることはメリットではなく人生にとっては大きなデメリットなのです。

 

自分だけではなく周囲の人までトラブルに巻き込まれることを考えれば、強い意志を持ち続けてください。